まよしり日記

2035年にセミリタイアを目指すお金に関するあれやこれやの日記

TAKARA & COMPANY【7921】の株主優待案内と配当金到着

どーもー!

 

皆さんこんにちは、まよしりです。

 

今日はTAKARA & COMPANY【7921】の株主優待の案内と、

期末配当が来ましたので、その内容を紹介していきます。

 

まずは株主優待から

内容は選べるギフト1500円分

f:id:mayoshiri:20200809210339j:plain

TAKARA&COMPANY

 

なかなか良いものがそろっています。

TAKARAさん、ありがとうございます!

 

 

そして配当金ですが、今回期末配当金は税引き前で27円/株

こちらもありがとうございます。

 

この調子でどんどんお願いします!

 

これまでの配当金(税引き前)は

2020年1月27日 中間配当 2,700円

2020年8月27日 期末配当 2,700円

 

こちらの株は2019年7月18日に1653円/株で100株購入

現在株価が2233円/株なので、

+58,000円

 

今回の株主優待が1500円分なので、

合計損益は

+63,400円/165,300円(+38.35%)

で推移しています。

 

いまは株価が上がってきていますね。

 

業績も右肩上がりで調子が良いみたいので、この調子でお願いします。

 

それでは今日はこのあたりで!

ありがとうございました~

オリックス2021年3月期第1四半期決算短信振り返り

どーも!

皆さんこんにちは、まよしりです。

 

今日は株主優待をけん引するみんな大好きオリックスオリックス(8591)の決算短信が発表されましたので、その振り返りをしていきたいと思います。

 

まよしり家では家族全員がオリックス株をそれぞれ100株づつ保有し、

合計300株保有しています。

 

もちろん今月で8か月となるハイハイし始めた娘も保有しています。

余談ですが、今年購入したので来年の優待が今から待ち遠しいです!

 

購入時株価平均は

2020/7/20に買い増しして 平均1521.3円 (300株)

現在株価は

2020/8/4 1215.5円

 

これまでに受け取った配当金は

税引き前で

2018年中間配当金 3,000円

2018年期末配当金 4,600円

2019年中間配当金 7,000円(3500円×2)

2019年期末配当金 8,200円(4100円×2)

配当金合計    22,800円

 

なので、損益は▲68,939円です。

 

株主優待が3回で15000円としても

まだまだマイナスです

もう少し頑張ってほしいところですなぁ・・・

 

 

さて決算短信に戻りまして、経営成績ですが、

新型コロナウィルスの影響を受けて営業収益は前年に比べ▲2%、営業利益は▲39.8%とかなり影響を食らっていますね。

 

ただ、赤字ではなく黒字キープなのでまずまずかと思われます。

 

 

感染拡大の影響が見えないとのことで、期末配当は当初41円でしたが、現在では未定となっています。

 

各事業セグメントごとに詳細を見ていきます。

 

特にまよしりが特に注視しているのは不動産セグメントです。(主に不動産開発・賃貸管理など)

 

将来的に在宅勤務の拡大で都会のオフィス需要の減少が広がってくれば、この事業収入が減る恐れがありますので、注意が必要でしょう。

 

次が景気動向の影響を受けやすい、銀行セグメント、環境エネルギーセグメントです。

 

直近の株価は売られすぎの気がしていますので、明日から変動が激しくなりそうですね。

 

配当金次第では買い増しするかもしれません。注視していきます。

 

それでは今日はこのあたりで!

ありがとうございました

TOKAI HD 株主優待到着

どーも!

こんにちは、まよしりです。

 

今日はTOKAI HD(3167)から株主優待が届いたので、紹介します。

 

優待内容は半年ごとに500mlペットボトルの水が12本

 

f:id:mayoshiri:20200802202656j:image

 

3人家族の我が家ではこれを防災用として保存しています

常に24本備蓄するようにしているので、

一人あたり4リットルとなります

 

古くなって買い替え忘れても届くので

非常用にとても便利です

 

 

それでは今日はこのあたりで!

ありがとうございましたー

JT2020年12月期第2四半期決算短信をうけて

どーもー!

皆さんこんにちは、まよしりです。

 

今日はみんな大好き高配当株の代表格

日本たばこ産業株式会社(2914)の決算発表がありましたので、

その振り返りをしていきます。

 

新型コロナウィルスの影響を受けて

 売上収益は前期比▲7.6%

 営業利益は前期比▲16%

 

たばこ事業においては免税販売の低迷、

外出自粛による消費動向の影響により

 売り上げ収益▲350億円

 

酒の席が減ったのでそれによる喫煙も減ったのでは、と推測します。

 

 そんな中、配当金は

 第2四半期末 77円/株

 期末(予想) 77円/株

と、変化なしとのこと

 

株価はコロナ前に比べて

2416円(1月10日)→1812円(7月31日) ▲25.0%

配当利回りは 8.49%(驚愕!)

買い増ししたくなりますね。

 

 

購入時の株価は

2020/1/29 2319円なので、現在価格比で▲5.07万円(▲21.86%)

 あぁ・・・やはりうまくいかないなぁ

 

ただ、配当キープのため、現状ホールドです。

 

2020年期末は減配なしとのことで、この景気下降のなかほんと有難いです。

 

 

たばこ事業については海外の企業を見ても株価低迷していますね。

どうなることやら。。。

 

ただ企業業績については

自己資本比率54.2%

配当性向 89.6%とかなり高め(増配は見込めないのでは)

と財務優良ですが、かなりの高配当ですね

 

事業内容から成長性はあまり見込めませんし、

たばこ価格(税金による)の上昇により

売り上げが苦しくなると予想されますが、

この配当金は魅力的ですね~

 

株価が1800円を切ることになってくれば、

追加購入を検討しようと思っています。

 

 

それでは今日はこのあたりで!

 

ありがとうございましたー

吉野家2021年2月期第1四半期決算短信をうけて

どーも

 

こんにちは

まよしりです。

 

株主優待目的で保有している

吉野家HD(9861) の決算短信が公開されましたね

 

売り上げが前年比で1723億円(▲24.8%)

営業利益が▲87億円、純利益▲90億円

とのこと

 

売上高の回復次第では最大150店舗閉鎖とのこと

 

 

株価はコロナ前に比べて

3025円(1月10日)→1850円(7月29日) ▲38.8%

 

かなり下がってきています・・・

 

特に機能の決算発表により

前日よりマイナス160円(▲8.28%)

 

くー、きつい

 

国内外ともに新型コロナウィルス感染症拡大影響に伴う影響が

ジワリと効いていますね

 

株価がさがり、2018年4月購入時2051円なので

現在価格の損益▲20,100円で推移

 

これまでに

株主優待の食事券3000円×4回

・配当金 10円×100株×4回(×80%)

合計 15200円

 

決算短信に内容では

・期末配当は未定

・今期の株主優待制度の変更予定はなし

 (裏を返せば、来期はあるかも、ってこと?)

 

保有目的が株主優待なので、優待廃止があれば売却です

 

はやくコロナウィルスが落ち着いて株価が回復することを願います!

 

 

それでは今日はこのあたりで

ありがとうございました。

貯蓄のコツは先取り貯金にあり

こんにちはー

まよしりです。

 

今日は確実に貯蓄をするコツについて消化していきます。

結論を言いますと、ずばり収入からの先取り貯蓄です。

効果についてはすでにたくさんの方が記事にされているので、

今日はまよしりが実際にやっている方法について紹介します!

それではやっていきましょう!

 

まずは、まよしりの収入(給与所得)からです。

詳細は収入詳細(2020年7月)を記載した過去記事を参照ください。

 

 

■給与所得

  手取り収入 303,000円

  ▲グループ保険 6,000円

  ▲財形貯蓄   3,000円

  ▲持株会   14,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

振込額     280,000円

 

 

まよしりの働いている会社では、給与を3口座に分割して振り込みが可能なので、

以下のように3つの口座に振り込んでいただいています。

それぞれの口座の役割は、

 

 ①家賃引落口座

 ②投信引落口座(投資信託自動買い付け SBI証券)

 ③生活口座投&信引落口座(投資信託自動買い付け 楽天証券

  ※生活用の楽天カードで買い付けしているため、生活口座と混在

 

 

それぞれの収入と投資信託の自動買い付けは以下のようになっています。

 

 

①家賃引落口座(りそな銀行

             給与 80,000円

            ▲家賃 76,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

              貯金 4,000円

 

②投信引落口座(三菱UFJ銀行)

              給与  60,000円

          ▲積立NISA 33,333円(SBI証券)

          ▲投資信託積立 20,000円(SBI証券)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

                貯金 7,000円

 

 

③投信引落&生活口座(三井住友銀行

            給与  140,000円

         ▲投資信託積立 30,000円(楽天証券

         ▲投資信託積立 50,000円(楽天証券

             ▲生活費 80,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

              貯金 ▲20,000円

                ※妻が育休のため、ボーナスより補填

 

現金貯金             21,000円/月

投信積立            133,333円/月

妻の投信積立(NISA)     33,333円/月

子供の投信積立(ジュニアNISA)15,000円/月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 合計              202,666円/月

        (うち投信積立 181,666円/月)

 

 

③の投信引落をクレジットカードで行っている理由は、

楽天カードで積み立て設定をすることで、

最大5万円まで積立額の1%が

楽天ポイントで最大500pt/月 還元してもらえます。

 

②投信引落口座(三菱UFJ銀行)からSBI証券へは

面倒ですが、手動で入金を行っています。

手動で入金することで、資産額を把握することができるためです。

また、個別の株について推移を知っておくことができます。

 

 

まよしりは給与を3分割してもらえる会社ですが、

そうではない場合は例えば「楽天銀行の毎月お任せ振り込み」を

利用するのはどうでしょうか。

 

給与振り込み口座に設定することで、振込翌月の3回まで手数料無料で

振り込みを行ってくれます。

 

 

投資信託の自動買い付けにより、気づかないうちに

資産として貯蓄するようになっています。

 

参考になれば幸いです。

 

それでは今日はこのあたりで

ありがとうございました

2035年に1億円を目指す戦略 毎月の貯金額・投資額 

こんにちはーまよしりです。

 

今日は毎月の貯金額と、そのうち何割を投資に回しているかを紹介し、

2035年に資産1億円を目指す戦略について書いていきます。

 

このブログでは収入の約5割を貯金・投資に回し、

年間400万円の黒字を計上した家計の紹介や、セミリタイアに関する

記事を書いています。

 

それではやっていきましょう!

 

毎月の収入はコチラ↓↓から

mayoshiri.hatenablog.com

 

毎月の支出はコチラ↓↓から

mayoshiri.hatenablog.com

 

 

毎月の収入と支出額です。

 

収入(手取り)  400,000円

支出(おおよそ) 200,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あまり      200,000円

 

 

月々約20万円の余剰金が毎月発生する仕組みになっています。

 

これらの使い道ですが、ほぼ全部にあたる9割強を

米国のインデックスファンドの積み立て投資にあてています。

 

 

◆積み立て投資の内訳

SBISBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
【愛称】SBI・バンガード・S&P500

 

・毎月 53,333円 

  (うち積み立てNISA 33,333円)

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド
【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全米株式)

 

・毎月 83,333円 

  (うち積み立てNISA 33,333円 ※妻分)

 

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド
【愛称】楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式)

 

 ・毎月 45,000円 

  (うちジュニアNISA積み立て 15,000円 ※子供分)

 

合計 181,666円

 

残りは、

年間の贅沢費用として、年一のホテルディナー、旅行費などの費用へ

積み立てをしています。

 

ちなみに毎月20万円を再投資で年利5%で運用すると

5300万円になります。

楽天の積み立て簡単シミュレーション

 

 

 

積み立て投資として、米国のインデックスファンドを

選択した一番の理由は

自分が投資素人のサラリーマンだからです。

 

本業のサラリーマン業があると毎日のトレードは難しいですし、

トレードをしたところで、その道のプロ相手に

素人の自分が勝つのは無理だと思っています。

 

厳しい株の世界でどうすれば負けないか、極端な損失を出さないか、

平均並みのリターンを得るにはどうすればいいかを

考えた結果、インデックスファンドの積み立てしかないと思っています。

※個人(まよしり)の考えです。

(書籍で多数紹介されています。最後にリンク張っておきます)

 

 

2035年のセミリタイアに向けての戦略

 A 夫・妻の共働きによる収入の最大化、

 B 固定費見直しによる支出の最小化、

 C 余剰金のインデックスファンドの積み立て投資

で、

資産1億円を目指していきます!

 

 

年間ではボーナスが別途あるのですが、

ボーナスは株主優待、高配当個別株購入や、

家電の買い替えなどにあてるようにしています。

それらについては別記事で紹介します。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは今日はこのあたりで!

 

※投資は自己責任でお願いします。